FC2ブログ

プラッツ通信

★★ジョイカル 恵庭店★★ ㈱プラッツ 北海道恵庭市戸磯595-24 ℡ 0123-32-1138
No  748

義援金。そしてボランティア。

全国各地や世界から、多くの支援の輪が
広がってますね。
嬉しいですね。

でも被災地では、まだまだ安否の確認が
取れない不明者が多く、そして
被災されてから、今なお孤立している
方々も数多くおり厳しい毎日が続いていますよね。
その事を思うと心が痛みます。

きっと日本中の誰もが、そんな気持ちでは
ないのでしょうか。

今できる事をする。遠く離れた北の地からは
やはり義援金が一番なのではと思います。
柳井さんように10億円は絶対に無理ですが、
自分に出来る範囲のなかでずっと続けて行きたいです。
今年購入予定だった、ヘルメット、ウェア、ブーツ
ガード、サッカーシューズ等その都度の予算で
しばらく続けていきます。
今はそれしかできませんから・・・

実は阪神大震災の時、被災から少し時間が経ってからですが、
短い期間ではありますが、ボランティアを
経験しました。

その半年後位には当時私が所属していた団体が
神戸から30~40人ほどの小学生を北海道に
招待してキャンプやらホームステイ等で
1週間ほど一緒にひと時を過ごした時事もあります。

実はその時に学んだのですが、
義務や軽い気持ちでやるボランティアなら、
被災地でのボランティアには参加しない方が
良い。という事です。

日常の中でキャンプや外遊びもした事がない方には
避難所の生活は非常に過酷です。

まず場所によってはですが水が圧倒的に不足し、
トイレの環境すらキビシイです。
食料も同じです。しかも共同生活が長くなると
相当なストレスを強いられます。

また避難所という小さなコミニティの中でも
更に小さなグループが形成されます。
そして、ちょっとしたことで不協和音が増殖し
不穏な空気になる事も有りました。

ボランティアの中には革靴に素手でとか、
軍手も着替えも自分の食糧さえも持参しない
方もいました。はっきり言って迷惑極まりない
事です。気持ちはありがたいのですが、
自分の世話も出来ない人は少なくても
被災地に行かない事です。
本末転倒になってしまいます。

これからどんどんボランティア希望者が
殺到すると思いますが、その辺の事情を
もう少し告知して欲しいと思います。

また、先ほど近所の大型スーパーに
行きましたが、著しく物が少なかったです。
店員さんに尋ねると、日用品やら長期保存できる
食品を買い占めていくお客が多いとの事でした。
寂しいなと感じました。
まあ、物資を被災地や関東方面に送るのなら
納得もいきますが、全員がそうではないですよね。
きっと。
悲しいですね。北海道なんて十分に食料品は
確保できるのに・・・


仙台に向かったトラッカーからは物資を積んでるが、
現地から抜けるまでのトラックの燃料が調達ができなくて
青森から先に進めないと言ってました。
エンジンも、かけっぱなしに出来ないから寒いし、
原発怖いから行きたくないんだよね。
本音ですよね。原発の情報が錯綜してるから
ホントに怖いですよね。
正確な情報を報道して欲しいですね。
大変な問題ですからね。

そして、自分の近くには他のトラックも
たくさんいるし、
被災地へ向かう自衛隊いるようです。きっと燃料が無くて、
足踏みしているんでしょうかね。

燃料をヘリで運んだりって
出来ないんでしょうかね。
道も物資もあるのに進めない。
本当に大変な事態です。
早く救援物資が必要な場所に届くように、
心より願います。

義援金は直ぐに役立つとは思いませんが、
復興が始まった時に大いに役立つはずです。

そして被災された人たちが再び立ち上がる
為には絶対に必要と信じています。

当社でも義援金箱を作りました。
また何らかの形で売り上げの一部を
そちらに回すように考えます。

被災された皆さんが少しでも
平穏が訪れますように・・・






スポンサーサイト



別窓 | 社長日記 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| プラッツ通信 |